<   2005年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あ~おもしろかった!!

d0040061_2515164.jpg


今日は夜くらいから撮影。

相変わらずヒッキーなのにねっ!(´゚艸゚)∴ブッ

久々のStreetでの撮影。
何か、イベとかParkもそれはそれで楽しいけど
こと撮影となるとStreetが断然楽しい!!

何だろう?
Streetは一期一会的な要素が強いからかな…。

今日もステキでナイスな出会いがありました。
何かはヒミツですがっ!!(´゚艸゚)∴ブッ
強いて言えば、チミは乗れすぎだからっ!!


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


常日頃言っておりますが、
Local Spotだけで同じメンツだけで滑ることにはいささか疑問を感じます。


そんなモンなんですかねっ!?


SkateのRoutineは楽しいけど、
私生活でのRoutineはゼッテ~楽しくないっ!!

More
[PR]
by 318_skatedesign | 2005-11-27 02:56 | Sk8

SxKxTxRx

普段、ボクはホントに多くの素晴らしい仲間に支えられている。

そしてそんな多大な影響を与えてくれる仲間について、
これから書いてみたいと思う。

でも、普段からここに書いてる人たちを書いても面白くない。
だから、敢えてボクのリアル仲間にも知ってもらいたから、
今日はみんなの知ってるけど、知らない人を書きます。

それは誰か?

Silence Kills The Revolution

d0040061_23105745.jpg



誰それ?外人?(笑)
なんて思う人がほとんどでしょう。
これはバンド名。

以前、Web上で公開していたKyoichi Ozaki&318 Produce プロモビデオのBGMに流れている曲(Get Up! Stand Up!)が、彼らの曲である。

この中の“T.M”が今日のマイメン。

d0040061_23103787.jpg



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


彼は高校時代からの仲。
高校時代からと言っても、大学(同じ大学だがキャンパスが違った)からは消息不明。

ただ高校の時、Bassを教えてくれたのが彼である。
要はバンド仲間でした。
同じバンド(メロディックパンク)で、文化祭とかにも出たっけ…。

彼の音楽性が当時から好きで、ビデオ製作を本格的にはじめた昨今、
2年程前に当時4年以上連絡をとってなかったにも拘らず、
彼の自宅にラブコール。

事情を説明したら数年ぶりにも拘らず、快く、今までの楽曲を提供してくれた。
とてもいい奴なマイメン♪
しかも、ボク達の方向性にもとても理解を示してくれて、今でもいい関係を保ててる。


ちなみに1年程前に出たkidsビデオにも彼のを1曲使わせていただきました。m(_ _)m


今のバンドも音楽的には“コワイ”部類に入るのかもしれないが、
歌詞とかは超Peace!!
意味深で、叙情的で…でも攻撃的で、やっぱアイツはカッコイイ!!


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


そんな彼らのLIVEに昨日も行って来ました。
忙しさとヤル気のなさでヒッキーだったのに…。
それすら打ち破るほどの魅力が彼らにはあるし、
何よりも振るい上がらせられる。


そしてお約束どおりLIVEはとんでもないことに…。
CxPx(Circle Pit)に始まり…Mosh&Dive…おまけにPyramid。
とにかくCxPxに参加したい一身でかなり参加しました。(”`д´)ゞ


一緒に参戦してた嫁(彼女)、SP、SPの嫁(彼女)も
かなり騰がってたしね!!
特に嫁(彼女)とSP嫁(彼女)は本番ではなく
帰宅後のS湯の前で二人して暴れてました。 (´゚艸゚)∴ブッ


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


d0040061_23101447.jpg


そんな彼らが来る
11/30にSxKxTxRxとして初のFull Albumが出るので
この日記読んだ全員は必ず買うことをオススメします

ボクの大好きな「Still Remains」も入ってるしね♪

他も視聴できます


ちなみにジャケの「Thanks List」には「TAKA(318 Skate Design)」
ボクのクレジットがっ!!( д) ゚ ゚

M!!ホントサンクス!!


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



こういう仲間は一生大事にしたいね。

M!これからもヨロシクYO!


でも、店先の観葉植物に立っションするのだけは止めてくれ…せめてカメラ持ってるときに…。
(M、覚えてるか!?)



※Blog内画像は「SxKxTxR Official Site」からお借りしました。
[PR]
by 318_skatedesign | 2005-11-24 23:19 | Private

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

d0040061_12345822.jpg

去る10/2(日)、“NIKE SB TEAM”の取材に行ってきたんだけど
その模様がUPされました…って、既に1ヶ月以上経ってますけどね。

(´゚艸゚)∴ブッ



いつも同様クレジット入で
最近オレ的流行のLong Angle超多用してます。


※この動画はrealplayerが必要になります。


※写真:Nike SB Team(L→R)
Dylan Rieder、Wieger Van Wageningen、Danny Supa、Dan Murphy、Brad Staba、Reese Forbes、Omar Slazar、Daniel Shimizu
[PR]
by 318_skatedesign | 2005-11-20 12:38 | Job

オレ的流行り…

d0040061_2247296.jpg


大田フェス用V製作も一段落つき、
次なる進化への過程として、いつにも増して風景を撮ることが多いです。

最近はこんなのばっかり撮ってます。(3.4MB)

個人的にスケートの映像ってかなり(時代の)先を行ってる気がします。
いろんなアニメーションやCG使ったり。
でも、映像作家(Directer&Editer)のひらめきもすごいと思うが、
ボク個人的には素材を集めるFilmerの感性が他とはズバ抜けて違う気がする。

映像って料理と一緒でいい素材にいい調理法が
あいまみれてはじめていいものができると思います。

そして、映像も料理も同じですが
その素材を人間が人工的に作り出すものより
人間が見たその物にある程度の手を加えることで
“それ”が“よりそれらしく見える”
ってトコにとてもセンスを感じる今日この頃。


スケートの映像を作り上げるのに
スケートの画ばかり撮っていても全く面白くないワケで。

スケートの画を生かすための布石というか、
見る側の人間の立場も考えると確実にこう言う画が必要かと。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


何にしても言える話しだけど、一番主役を引き立てるためには
周りの引き立て役がかなり重要になる。
そういう意味で大根役者は一つの舞台においてかなり重要なポジションになる。
ある意味、主役より大事かもしれない。
ここで一歩間違えれば駄作になってしまう瀬戸際ですから。

そう考えると、「自分が自分が」みたいな人は確実に落ちるね。
オレ的に。
「自分」しか見えてない人は、周りの引き立て役に完全に飲まれるし、見放される。

「自分」を大切にしたいのなら、それと同じくらい…いや、それ以上に

「引き立て役」も大事にしないといけないんですよね。


そこが見えてない人にこの先はないと思う。



どっちにしたって
「調和」が大事なんですよ!!

More
[PR]
by 318_skatedesign | 2005-11-15 22:42 | Thinking

お詫び…

大田フェスタ自体は「お陰様で」と言うか、
みなさんの頑張りで無事に終えることができました。

しかし!!
6日に予定されていた318上映会は雨天中止とさせていただきました。

この場を借りてお詫び申し上げます。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

そんな中、有難くも

「ビデオ観たい!」

という多くの御要望ありがとうございます。


正直言いますと、当初、その期待になるべく副えればと思ってました。

実際、

「会場をどこか借りてできればいいかなぁ~」
って思って動き出してました。

そこで、一部の方には
「仕切りなおしますか?」的に今回の代替策を話していましたが、

それもやめます。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

理由は色々ありますが、


ボクは「自分がやりたい」と自分が思ってるだけの場所で
予測できるキャパオーバー(要は狭いと言うこと)とかしてそれに付随する
迷惑とかを周りに絶対かけたくないし、
それでイヤな思いをしたり不平等が発生することとか絶対に起こしたくない。


「一年に一回だからカンケーないっしょ!」


って言って、周りとかの迷惑も顧みないなんてありえない。



自分たちにとっては


「一年に一回」でも


それが「毎日」


って人がいることも忘れちゃならない。



ボクはそういう人間がいる以上、
自分が
“先の見えている何か(イベント)の当事者&主催者”
になろうとは思わないし、
主催者になって事後に関係者に頭下げる程の
責任は持ちたくない。



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

「大きい音を出しても迷惑にならないように…」とか、
「でも、いい音で…大きい画で観て欲しいよなぁ…」とか、
「人があぶれたりして観れなかったなんて最悪だよなぁ…」とか、
考えてた自分がアホくさくなった。


とてもじゃないが、今は誰かに

“観てもらおう”

とかそんな気持ちにはなれません。



代替策を相談させて頂いてた一部の方に重ねてお詫び申し上げます。
[PR]
by 318_skatedesign | 2005-11-08 18:31 | Thinking